本気で「ダンサー」を目指すなら

本当は教えたくない。テーマパークダンサーになるための合格できるコツ

ぷっちょカップル

こんにちわ!
ぷっちょカップルです!

この記事で解決できること

・ダンサーオーディションで確実に受かるコツ
・オーディション中にうまくいく方法
・自分のことを見直すことができる

ダンサーのオーディションは
ダンスが上手ければ
受かると思っていませんか?

実はそんなことないです!

私の周りでも
私より全然ダンスが上手なのに
何年も受からず諦めていく

そんな人をたくさん見てきました。

オーディションに受かるには
コツがいるのです

私たちもプロダンサーとして
働いているからこそ
わかる確かな情報を
この記事で特別に教えちゃいます!

みーちゃん

このコツが一番大事なのに
調べても誰も教えてくれてないの

れいちゃん

ブログに書いているような人たちは
無意識にコツをつかんで
成功しているからなんだよ

みーちゃん

あ!気が付いてないのか!

れいちゃん

僕たちは2人とも
何度かダンスで挫折してるからね

ぷっちょカップル
ぷっちょカップル

入りたい会社のことを知る

テーマパークダンサーオーディション合格コツ

ブログを読んでくださり
ありがとうございます!

「オーディションを
何度受けても受からない…」
「いつも1次で落ちてしまう…」

こういう話をよく聞きます。

これはなぜ
うまくいかないのだと思いますか?

答えは
オーディションに受かるコツ
をわかっていないからなんです

コツについて詳しくご紹介します。

実際に働いている人たちの共通点を探す

入りたい会社があるのであれば
その会社を知り
自分を合わせるのが1番の近道です。

実際にその会社のダンサーの

  • 顔のジャンル
  • 雰囲気
  • 踊り方
  • 体型

を見てみましょう

たくさんの人数がいても
結構似ている人たちが集められています。

例えとして
ディズニーダンサーで考えてみましょう!

ディズニーダンサーの特徴

・顔のジャンル
 目がパッチリ,塩顔
・雰囲気
 いつも笑顔で優しそう,清潔感がある
・踊り方
 はっきり元気よく踊る
・体型
 筋肉質で細い,
 身長は女性が152~169cm
 男性が163~180cmぐらい

あくまで私の考察ですが、
しっかり見れば傾向がわかると思います

テーマパークダンサーオーディション合格コツ

会社のイメージ通りになる

実際に働いている人たちの
共通点がわかったら

自分をその共通点に当てはめれば
簡単に合格できちゃいます。

顔はメイクを研究してみたり
笑顔の練習をすればいいし、

雰囲気はどんな性格でも
自分はいつでもニコニコ、いい人!優しいよ!
と別人になりきるのです。

踊りは自分の踊りとプロの踊りを見比べ
プロの踊りを真似してみましょう!

体型は筋肉がついているけど
痩せている人が多いですよね
同じになるには筋トレとダイエットです!

ここで厳しい話なのですが、
身長に関しては変えることができません

どんなにダンスが上手でも
お顔が良くても
条件が合わないと落とされてしまいます。

なぜ身長制限があるかというと

ダンサーの衣装は
1人ずつあるものではありません

さらに、
身長がある程度そろっていないとショーの見栄えが悪くなってしまうからです。

れいちゃん

厳しい現実…

みーちゃん

代わりはたくさんいるからね…

オーディション会場で気をつけること

テーマパークダンサーオーディション合格コツ

共通点を身につけられたら
いよいよ本番です。

実はオーディション会場でも
合格のコツはあるんですよ!

オーディションで審査員は
何を見ていると思いますか?

もちろんダンスの技術やルックスも見ます

でも、これらはできていて当たり前
と考えています。

実はその人の印象や人柄を見ています。

周りは敵じゃない

オーディションで
周りに勝たなければならない
って思う人もいますよね。

ピリピリ空気で睨んできたり
ひどい人だとライバルを減らすために嫌がらせをしたり

しかし実際審査員は
周りとあなたを見比べているわけではありません。

それより、会社に入った時に人間関係がうまくいくかを見ています。

なのでオーディション中もフレンドリーに
「みんな頑張ろー!」
という感じで受けましょう!

緊張を見方につける

オーディションで1番気をつけなければならないことは緊張です。

緊張でガチガチだと
あまり良い印象ではないですよね。

緊張には良い緊張と悪い緊張があり

良い緊張は
やる気、集中力を上げてくれます。
これは良いパフォーマンスにつながりますが

悪い緊張は
ストレスを感じやすく
脳が寝ている時のように活動が鈍くなり
急に頭が真っ白になってしまう事が起きるのです。

良い緊張にする方法は
自分に自信を持つこと
深呼吸して落ち着くことです。

自信を持つ方法

自信を持つ方法はいくつかあります

例えば
ダンスのレッスンで上手に踊れたときや
先生に褒めてもらったことを思い出す。
そして、
「普段通りにやれば大丈夫」
と自分に言い聞かせましょう!

自信を持つと少し余裕ができます。

深呼吸をしよう

踊っていると呼吸が浅くなります。

そうすると脳に酸素が行かなくなり
体力がいつもより消費されパワーは出なくなるし記憶力が落ち振り付けを覚えられなくなります。

深呼吸して脳に酸素を送ってあげましょう

この2つをやれば
気が付くと良い緊張になっています!

テーマパークダンサーオーディション合格コツ

まとめ

いかがでしたかでしたか?

今回はざっくりと
オーディションの受かるコツをまとめましたがこれからもっと詳しい記事も投稿していきます!

例えば、髪型、メイク、ダンス技術、骨格、服装等
あなたがオーディションに合格できるよう一生懸命サポートさせていただきます!
なので、お気に入り登録して待っていてくださいね!

みーちゃん

オーディションってだいきらい~

れいちゃん

人生で一番緊張するよねw

みーちゃん

私オーディションの日は
パワーつけるためにしっかり食べるけど緊張で1~2キロ痩せちゃう

れいちゃん

みーちゃん緊張しやすいもんねw

スポンサーリンク

いつもフォローありがとうございます!