本気で「ダンサー」を目指すなら

本気で目指している人限定!テーマパークダンサーになりたい中学生、高校生はこれを読むべき!

ぷっちょカップル

こんにちわ!
ぷっちょカップルです!

この記事でわかること

・テーマパークダンサーになるには
・専門学校や大学に行くべきか
・何ダンスをすればいいのか

華やかなテーマパークダンサーになりたい!
そう憧れる人は多いと思います。

でも、

「ダンスしたことない…」
「どうすればなれるのかな…」
「専門学校とダンススタジオどっちがいいの…」
「大学は行くべきなのかな…」

悩みがいっぱいありますよね!

でも大丈夫
現役プロダンサーが
この記事で全ての悩みを解決します!

ただ、本気で目指している方に向けてなので
かなり厳しいことを書いています。

覚悟がない方は読まないでください

みーちゃん

テーマパークダンサーになるには
何をすれば良いと思う?

れいちゃん

ダンスをたくさん練習して上手になる!

みーちゃん

じゃあ、
どうやってダンスを練習する?

れいちゃん

えっと…
うーーーん。

ぷっちょカップル
ぷっちょカップル

学校に行くのは遠回り

テーマパークダンサーになりたい本気で目指す中学生、高校生

ブログを読んでくださり
ありがとうございます!

テーマパークダンスの専門学校や
ダンスのある大学はたくさんあります。

でも、このような学校に行くと
プロへの道が遠くなってしまうのです。

なぜ遠回りなのか

学校に入れば授業が組んでいて、プロになる
ために何を学べば良いかわかりますし、
お友達もできて楽しく踊ることができます。

ですが、専門学校も大学も
在学中にダンサーオーディションを受ける
ことができません。

なぜなら、
学生とダンサーを掛け持ちすることは難しく
もし受かってしまったら学校をやめなければ
いけないからです。

なので学校側は途中でやめて欲しくないから
オーディションを受けさせないのです。

みーちゃん

実際に大学の先生が
本気で目指している人は来ない
と言っていました!

学校を卒業してからとなると
23歳で初めてオーディションを受けるという
ことになります。

実はダンサー界は上下関係が厳しく
自分より年齢が下でも
後輩としてペコペコしなければなりません。

そのため会社側はトラブルを減らすためにも
若い人を取る傾向があります。

大体が18歳から入れます。
23歳だとすると5歳も違いますよね。

さらに、ダンサーオーディションを一発で
合格するというのは難しいと言われています

歳が取れば取るほど
合格するのは難しくなるでしょう。

テーマパークダンサーになりたい本気で目指す中学生、高校生

学校に行かないリスク

学校に行かないということは
高卒ということで学歴がなくなります。

学校に行かずに高卒で、
ダンススタジオでダンス漬けの日々を過ごしたのに、
オーディションに受からず夢を諦め、学歴もないから就職もうまくいかない…

ひぇ~!
最悪ですよね!

嘘みたいだけど事実、
私はこういった方々を何人も見ました。

こうならないためには、

どんなにつらくても、どんなに嫌でも
学校に行かないと決めたからには
自分1人で頑張らなければならないのです!

我が子が心配な親御さんなら
きっと学校に行かせるでしょう。

本当に覚悟と自信がない方は
専門学校や大学に行くことをおすすめ!

れいちゃん

専門学校や大学は見学や体験できるの?

みーちゃん

もちろん!
毎年オープンキャンパスをやっていて、申し込めば無料でできるよ!

本気でなりたいなら

テーマパークダンサーになりたい本気で目指す中学生、高校生

実際にやるには大変なことですが
テーマパークダンサーになるためです!

自分に少しでも甘えがあったら
テーマパークダンサーにはなれないと思ってください!

基礎が大切

実は、テーマパークダンスという
ダンスのジャンルはありません!

バレエ、ジャズ、タップ、ヒップホップ
のオールジャンルが集まったものなのです。

つまり、すべてができないと
テーマパークダンサーにはなれません。

ただ、
ダンスの基礎はバレエと言われています。

実際のテーマパークダンサー達もバレエ出身が多いです。

ですが、バレエは小さい頃から訓練をしないと
できるものではありません。

バレエを今の段階でやっていない、
やったことがない方は
今すぐ始めてください!

そして、バレエを本気で極めてください!

それが
テーマパークダンサーになる近道です!

テーマパークダンサーになりたい本気で目指す中学生、高校生

レベルの高いところに入る

バレエやその他のダンスをやる上で一番大事
なことはレベルの高いスタジオに入ること!

自分より上手な人と踊ると上達が早く上がります。

良い見本がいて、追いつきたいと思えば
今の自分の実力に満足せずに頑張ることが
できるからです。

自分と同じぐらい、または自分より下手な
人達と踊っても絶対に上手になりません!

ダンスの世界では上には上がいるのです。

心が折れながらも必死でついていけば
必ずダンスは上手になって
テーマパークダンサーになれますよ!

テーマパークダンサーになりたい本気で目指す中学生、高校生

まとめ

いかがでしたかでしたか?

だいぶ厳しいことを言っていますが
すべて本当のことです!

でも、本気でなりたいっ!
と思っていたらどんな壁も乗り越えられますよね!

あなたの夢はあなたしか叶えることが
できないのです!

ぜひ頑張ってください!応援しています!

みーちゃん

どんな仕事もだけど、
ダンサーって厳しい世界だね

れいちゃん

だからあんなに
輝いて見えるのかもね!

みーちゃん

よし!私たちもダンスの練習しよ!

れいちゃん

うん!常に向上していかないとね!

スポンサーリンク

いつもフォローありがとうございます!