本気で「ダンサー」を目指すなら

「超繊細さん」のプロダンサーの人間関係【気づきすぎて疲れる人】

ぷっちょカップル

こんにちわ!
ぷっちょカップルです!

悩むリンゴ

細かいところまで気にしちゃって人間関係が辛い

お悩みのあなたに

実はそれあなたが悪いんじゃないんです!

その気持ちというのは生まれ持った才能「繊細さ」なんです

私も超繊細さんなんです。

ダンサーをしていて周りは私とは違う想いを抱く人ばかりで常に孤独

感情を分かち合うのもの得意じゃありませんでした。

そこで、その悩みを解決するべく調べていたらある本にたどり着きました!

それが「気づきすぎて疲れるが驚くほどなくなる繊細さんの本」です。

この本は私たちのような人を繊細さんと名づけて詳しく原因や対策を教えてくれます。

鈍感になれとか根性ではなく

優しく0から教えてくれるので読みやすくオススメ

この記事ではこの本の紹介と私の実体験を話します!

この記事でわかること

・繊細さんのよさ
・なおさなくてもいい

みーちゃん

これはれいちゃんだよね

れいちゃん

うん、超超繊細w

ぷっちょカップル
ぷっちょカップル

繊細さんって?

ブログを読んでくださり
ありがとうございます!

多分ここまで読んでいて

「そもそも繊細ってなんだよわからない」や

「めっちゃわかる。。。」など

感想を持っていると思うので

まずこの本に書かれている繊細さについて詳しくご説明します。

繊細さんとは

この本では

「冗談交じりな些細な一言を、受け流せずにグサッときてしまう」

「職場で機嫌が悪い人がいると、気になって仕事ができない」

「相手の気持ちを考えすぎて自分の意見を言えない」

など敏感に物事を感じてしまったり考えすぎてしまう人のことを繊細さんと呼んでいます。

この本で大切なことは

繊細さは悪いことじゃない。

繊細って性格じゃなくて生まれ持った気質なのだそうです。

なので、それを無理に変える必要はない

むしろそれを生かした生き方もできると本書では紹介されています。

繊細さんは世の中にたくさんいる

本書ではエレインアーロン博士の実験に基づいた事実から述べていて

5人に1人が繊細さんだと言われています。

あなたと同じように悩んでいる人はたくさんいるんです。

なので落ち込まずに繊細さを受け入れてあげようと筆者はいっています。

世界の約20億人は繊細な人

先ほど述べたように5人に一人なら世界には約20億人程いる計算になります。

ですがそれ以外の人と比べるとやはり少数派になってしまいますよね。

そのような繊細ではない人を本書では非繊細さんと呼んでいます。

繊細さとは身長のように変えられない生まれ持った気質なのでそれを持ってない人には

あなたの気持ちはわからないのです。

これは意地悪ではなくて、繊細さんには非繊細の気持ちがわからないのと同じなのです。

繊細さんは脳の神経システムが刺激に反応しやすく物事を敏感にさっちできる能力があると

本書には書かれています。

これは人間だけでなくほかの哺乳動物にも繊細さんは存在するようなんです!

繊細は素敵な能力

繊細さんはその敏感さ故悪いことだけが起こると考えがちですが

それは間違いなんです!

ほかの人が気づかない小さな幸せを見つけるのが得意なのは繊細さんの専売特許!

天気の良さに感謝でき

愛想の良い店員さんに「いいひとだなぁ」なんてかんじたり

お風呂で今日一日を振り返っていい日だなぁ

なんて感じることができるんです!

これらって普通じゃなくて繊細さんだからこそ深く人生を楽しめているんです!

れいちゃん

確かに、小さな幸せを見つけるのは得意かも

みーちゃん

すごいよ!私そんな細かいところ気づかないもん

ダンサーとミスマッチ

正直この繊細さってダンサーにとってミスマッチだなぁって感じます。

繊細さんが集まりにくい職業かもw

今までたくさんのダンサーさんとお会いしましたが同じような繊細さん仲間は何人もいません

特に何が辛いか吐かせてくださいw

性格の悪い人が多い

自分の思ったことをすぐ口に出しちゃう人が多いので

さりげないディスに耐えられないんです。

それ以降その人の前では本気で踊ることができなくなったり

でもその人からするとアドバイスをしただけみたいなんです。

とにかくこういう人が多すぎる

人前で踊っている時に笑われると間違えてもないのに自信がなくなったり

真顔で見られてるとつまらないのかな。。。

とかとにかく悩みまくりです。

でもこの本を読んで少しは自分のその感じ取れる技術を前向きに生かせないか考えてみることにしました

自分のことを好んでくれる人だけと仲良くする

結局ここに落ち着きますよね。

繊細さんって嫌いな人に嫌いって言えない人が多いんですって。

私もその一人。

嫌いな人には特に優しくしちゃったり話しかけちゃったり。

でもその人はクソ野郎なので絶対好きにはなれません。

じゃあ話さなきゃいいじゃん。と思いますよね。

それができないのが繊細さんなんです。

でも、そうやって自分を偽っていたら嘘の自分を好きな人との人間関係になってしまう

それなら嫌われてもいいから素の自分を好きになってくれる人とつるんでくださいって

本当にその通りだなって

行きたくない飲み会

話したくない人

無理に参加して話す必要ないんだって確信できました。

どんなに嫌われようがこっちが嫌ってるんだからもういいや!!!

繊細なままでいい

この本はもっと具体的な対策方法や

著者の実体験、カウンセリングを受けた人たちの経験も豊富に載っていて

私みたいな超繊細さんにはぴったりな本でした。

繊細さんでもダンサー出来ています。

どんな職業でも諦めずに強く自分を持って一緒に繊細に楽しみましょうね!

みーちゃん

みーちゃんもれいちゃんの繊細さを大切にする

れいちゃん

ありがとね、非繊細さん

スポンサーリンク

いつもフォローありがとうございます!