本気で「ダンサー」を目指すなら

【脳みそを食べる】意外と美味しい?脳料理

ぷっちょカップル

こんにちわ!
ぷっちょカップルです!

悩むリンゴ

脳みそって食べれるの?

普段動物の肉や内蔵を食べることはあるけど

脳を食べたことがある人ってなかなかいませんよね。

「脳を食べるなんてとんでもない」と思うかもしれませんが

世界には脳を食べる習慣を持つ国もあるんです!

この記事では

脳ってそもそも美味しいの?

脳を食べる危険性についてまとめました!

この記事でわかること

・脳を食べている国
・脳を食べることで恐ろしい病気

みーちゃん

脳みそって食べれるの!?

れいちゃん

みーちゃんのたべちゃうぞ~

ぷっちょカップル
ぷっちょカップル

もしかして美味しい?脳料理

ブログを読んでくださり
ありがとうございます!

そもそも脳って食べれるの?って思いますよね

実は食べることが出来るんです!

世界各地では牛 豚 ヤギ 鶏 ウマ サル

などの脳が主に食べられているんです。

各国の脳料理

脳って世界によって様々な食べられ方をしているんです。

アジアや中東などではヒツジや豚の脳を使った料理がしばしば見られ

味にあまりクセがなく白子や絹豆腐のようにふんわりとした食感をしているそうです。

アジア

中国では猿の脳を使った料理、四川料理の脳花湯(豚の脳スープ)や砂鍋魚頭(魚の頭の土鍋)は

「健脳食」「補脳食」と呼ばれ昔から家庭料理として愛されているみたいなんです。

インドネシアでは牛の脳みそと肉汁とココナッツで作るカレーみたいな料理もあるみたい!

でもあまり食べたくないかもw

ヨーロッパ

フランスでは肉屋やスーパーマーケットでは

牛、子牛、羊、豚の脳がプラスチック容器に入って売られており、簡単に手に入る。

フランス料理のテット・ド・ヴォーは、

子牛のほほ肉を中心に舌および脳を野菜と一緒に煮込んだ料理で、

家庭やレストランによっては肉だけでなく脳もそのままの形で提供しているみたい

流石にそのままはきついかもw

中東

アラブの国々では、ハッシという羊や牛の脳を含む頭を食材とする料理があるそう

アメリカ

アメリカ合衆国南部では、グレイビーソースで味付けされたブタの脳の缶詰が売られているそう

これはスクランブルエッグと混ぜて炒めたエッグ・アンド・ブレインとして食べることが多い

みーちゃん

えっぐあんどぶれいん・・・・

アフリカ

北アフリカ、アルジェリアでは、

子牛の脳をトマトソースで煮込んだ「シチタ・モク」と呼ばれるシチューがあり

脳のトマトソース煮は、フランス料理やイタリア料理にも見られ

またカメルーンのアニャン族(Anyang)では、ゴリラの脳は族長が食べる御馳走だそう

れいちゃん

脳みそ料理結構種類あるねw

みーちゃん

食べたら頭良くなるかな?

脳みそはとっても危険な食べ物

こんなにある脳料理ですが今では倫理の問題で

法律で規制されているところもあるみたいです。

また、脳みそ料理には大きいリスクがあるのでしっかり確認してから食べましょう

プリオン病

感染したらひどい場合死に至る感染病

伝達性海綿状脳症に感染している動物の脳を食べると、

感染してひどい場合には死ぬこともある。

そして昔パプアニューギニアで流行していたクールー病というものは

長寿の儀式として死者の脳を食べる習慣が原因であったみたい。。。

脂肪とコレステロール

脳はその働きを支えるために60%が脂肪です。

それは主要部分である髄鞘の70%が脂肪のため。

また、「ブタの脳のミルク肉汁漬け」140グラム缶の中には、

コレステロール3.5グラムが含まれており、これは米国推奨食物摂取量(USRDA)の11.7倍だそう。

デブまっしぐらだw

あまり日本人にはおすすめしません

いろいろ調べたら、脳料理はリスクが高すぎるみたいw

なので正直あまりおすすめしませんw

食べてみたい方は自己責任でお願いしますね!

みーちゃん

わ、私はいいw

れいちゃん

海外行ったら食べさせられるかも?w

スポンサーリンク

いつもフォローありがとうございます!