本気で「ダンサー」を目指すなら

【初心者ダンサー】ダンスをやっていて辛いこと5選

ぷっちょカップル

こんにちわ!
ぷっちょカップルです!

悩む人

ダンサーをやっていて辛いことは?

ダンサーをやっていて辛いこと主に5つご紹介します!

ダンスをやったことある初心者から仕事にしている人までしっかり共感できるだろう内容になっています。

ダンスって見た目重視なところもあるので

自分の体にも気を使わないといけなく毎日ダイエット365日ダイエットってときもあります。

とにかく辛いダンスのことを赤裸々に話させてください!

この記事でわかること

・ダンスの辛いこと

みーちゃん

私は辛いことが多すぎるw

れいちゃん

僕は常にやめたくなってたもん

ぷっちょカップル
ぷっちょカップル

ダンスは辛い!

ブログを読んでくださり
ありがとうございます!

はっきり言ってダンスは辛いです。

どんなに頑張っても認められない時もあるしオーディションに落ちるときもあるし

柔軟きついし難しい技は多いし

毎日ダイエットだし、毎日厚化粧だし、ヘアも気にしないといけないし

早く辞めた~~~いw

でも何故か踊りは好きなんですよね

ダンスってそれ以上に魅力があるのかな~

でもこの記事ではとにかく辛いことを皆さんに共有させてください!

大変で辛いこと

その1柔軟

全ダンサーの敵であり味方の存在

柔軟トレーニングって筋トレ以上にきつくないですか?

毎日続けないとすぐ固くなるし

開脚なんて痛くて仕方ないですよね。

柔軟がまだ全然できない時って本当に辛くてダンス時代やめたくなります。

でも、やっぱり体やらかくないとダンスって上手くなれないんですよね

そこで誰でもできる柔軟トレーニングはあるのか?って思いますよね

できれば辛くない方法で続けたい気持ちはあります。

そんな方はこの記事を参考にしてください!

埋め込み
柔軟

その2難しい技

難しい技というくらいだからできないときは辛いです。

特にイベントなどでほかの人は上手に出来るのに振りができないと辛いですよね

でも人によって得意不得意があるのは当たり前、できないふりがあるのも当たり前です。

ただ、そこはダンサー出来ない振りも数をこなして上手じゃなくてもできるようにしなければなりません

特に初心者がつまずきやすいのは回ることですよね

意外と回ることにもわかりやすいコツがあるのでそれはこちらを参考にしてください!

埋め込みピルエット

れいちゃん

難しい技で何度も挫折した

みーちゃん

柔軟もきついしねw

見た目に気を使わないといけない

その3体型

正直太ってるダンサーってあまり見ません

でも太っててもダンスができる人はたくさんいますが

デブなバレリーナ、デブな社交ダンサー、デブなヒップホッパーなかなかいません

ダンサーは常に体型の戦いでもあるのです。

特に女性はシビアですね。体重や体型で自分の役柄やポジションが決まってしまうのもあります。

正直ダンサーの世界は痩せている人がナンバーワンな世界です。

でも痩せすぎはいけません。

「痩せたいけど痩せられない」そんなあなた!

もともと私も太りやすい体質だったのですが、ある方法を試してから太ることが一切無くなりました

それはダンスと○○のおかげです!

もっと詳しく知りたい方はこちら

埋め込みダイエット

その4メイク

人前に出るのでメイクは欠かせません。

でも舞台メイクって厚メイクだし毎日したら肌がボロボロになります。

ダンサーの辛いことの中にメイクが入るのはほぼ間違いないですね。

役によっては普段やらないようなメイクもするし、つけま必須

1年そんな生活したら肌がボロボロのボロ

でも、ちゃんとケアすればダンサーでも綺麗なツルスベ肌を保つ方法もあるんです!

また、ダンサーの舞台メイクについても触れている記事もあるのでよろしければみてね。

埋込みメイク

埋込み洗顔

その5脱毛

これは女の子の辛い話です。

ダンサーは人前には出るし露出度の高い服は切るしで脱毛はほぼ必須です。

しかし、ダンサーになってから脱毛はかなり遅いんです。

脱毛してすぐは運動もダメだし赤くなるしで普段も人前に出ているようなプロダンサーにはかなり時間的にも

身体的にも厳しいんです。

でも、毎日カミソリで沿っていたら肌がいたんで仕方ありませんよね

そこでいまミュゼが行っている

自宅でオンライン脱毛ができる方法もご紹介しているので合わせてみてくださいね!

埋込みミュゼと脱毛

ダンサーは憧れられる

ダンサーって憧れられる職業です。

輝く照明のなか有名人と踊ったり、テレビに出たり基本的に表に出ている姿ばかり世間に見られます。

でもその姿以上に影では悩み苦労し辛い思いも何回もしています。

でもその辛い思いの数があなたの輝きを一層本物のものにすると思います。

みーちゃん

辛いけど今も続けてる

れいちゃん

辛いからこそ頑張りがいもあるもんね!

スポンサーリンク

いつもフォローありがとうございます!