本気で「ダンサー」を目指すなら

【将来ダンサーになりたい人】初心者ダンサーのうちに絶対に身につけるべき考え方

ぷっちょカップル

こんにちわ!
ぷっちょカップルです!

悩む人

将来ダンサーとして生きていきたいけど
・どう稼いだらいい?
・どう楽しんだらいい?
・ただ踊るだけでいいのか

そうお悩みのあなた

ダンサーは踊るだけでなくダンスに対しての考えを持たないと

稼げないですし、いつか楽しくなくなってしまいます。

そこで、私たちがおすすめするダンスへの考え方をご紹介します。

この記事では大きく2つに分けてご紹介します!

この記事を見てそれは違う!など感想を持つだけで

あなたのダンスへの考えは深くなっていますので大丈夫です。

大切なのは深く考えること。

この記事でわかること

・ダンスに対しての考え方
・稼げる考え方
・楽しむ考え方

みーちゃん

私も考えるより感じる派

れいちゃん

それもいいんだけど
やっぱり限界があるんだよ

ぷっちょカップル
ぷっちょカップル

ダンサーの考え方

ブログを読んでくださり
ありがとうございます!

ダンサーって良くも悪くも

「感覚が大切」です。

確かに、その通りなのですがその感覚がわからないから諦めるって人もいます。

本当にもったいないです。

実はその感覚っていうのは

その人自身のダンスへの考え方なんです。

実際に「感覚でわかるでしょ」と言ってくる人の考えはテキトウで参考になりません。

その人がどうやってその感覚を得て、

感覚というものを深く理解していいからそんな説明になってしまうのです。

感覚で話すダンス講師についていくな

ダンスのレッスンであなたが

「この振りはどういう感じでやるんですか?」と聞くと

「感覚でこうするんだよ」と言ってきたら

そのスタジオをやめましょう

その人のダンスがいくら上手くてもそのスタジオにいてもあなたは上手くなれません。

なぜなら、その人はダンスに対して思考停止をしており

ダンス講師として重要な教えるという行為を放棄しているからです。

あなたの考えを持つ

ダンスを長く続けるにはただ感覚で踊るのではなく

しっかり考えることも重要です。

この先で2つの考え方をご紹介いたします。

どれもダンサーなら考えておきたい内容なので見てください。

稼げる考え方

将来ダンサーとして生きていこうと思っているのに

これを考えていない人はやめたほうがいいです。

ダンサーとして一生続けるのか、それとも

一定の年齢まで行って転職するのか

稼ぐために何を考えたらいいのかわからない人も多いと思います。

そこで一番簡単な二つの稼ぐ考えを生む方法を見てください。

ダンスでいくら稼ぎたい

まず、ダンサーという職業であなたはいくら稼ぎたいですか?

決め方はいろいろありますが

まず月収それから年収

年収が出たら何歳まで踊りたいのかを考えその年数分かけ算してください。

その金額があなたがダンサーとして稼ぎたいと思う収益です。

現実的でしたか?それとも無理そうですか?

現実的ならそのまま続けても大丈夫だと思いますが

無理そうなら、なぜ無理なのかをしっかり考えてください

・ずっと同じ値段が稼げると思えない
・年をとったらパフォーマンスが落ちる

いろんな理由があると思います。

正直この問題は人それぞれなので私は何とも言えませんが

この現実的かどうかを知ることがものすごく大切なんです。

無謀だと知らずに感覚でずっとダンサーをしていて思ってるより全然稼げないと

途方に暮れる老人になりたくなければしっかり考えましょうね

稼ぐ目的は何か

さて、あなたがいくら稼ぎたいかはわかりました。

じゃあそのお金は何に使うんですか?

食費?買い物?結婚?

千差万別の使い方があります。

2つ目の大切なことは「稼ぐ目的を考える」

これによって道に迷うことが格段と減ります。

そしてダンサーという職業と稼ぐことを天秤にかけ

どちらのほうが重要かもしっかり考えてください。

ダンサーより稼ぎが大切ならそのお金を稼げる職業にするべきです。

自分に大切なのは何かをしっかり考えること

それが稼ぐことにとても重要なんです。

れいちゃん

結婚するってなったら子供などの計算もしないといけません

みーちゃん

何も考えずに踊ってるだけだと絶対絶望しちゃう。。。

楽しむ考え方

楽しくないと続けられません。

せっかく好きなことするなら楽しんでやりたいですよね!

ダンサーはかなり競争が激しい職業です。

その中で自分の考えを持って楽しく踊ることがこの職業を続ける上でものすごく大切なで

一緒に考えていきましょう

あなたのダンスへの思い

質問です。
あなたはダンスが好きですか?

答えがイエスの場合はダンスを続ける素質があると思います。

ノーの方は今自分がなんでダンスをしているのかもう一度考えてください。

それで目的がないのであればすぐにダンスをやめるべきです。

結局ものを楽しむのは好きだから

好きじゃなければ続きません。楽しく続けるなら好きになりましょう!

私が以前書いたダンスが楽しいと感じる瞬間の記事でモチベーションを爆上げしちゃってください!

関連記事

人にけなされてもそれでいい

私自身もたくさんの人に

「下手くそ」「やめたほうがいい」「なんでお前が」って死ぬほど言われてきました。

でも思うんです。

他人なんてどうでもよくないですか?

だからなに?って感じです。

別にダンスは人によって概念も変わるし、審査基準も好みっていうはっきりしてないんだから

好き嫌いなんて分かれて当然だし、上手い下手なんて関係ありません。

もしあなたのことをけなして来る人がいたら

「だからなに?」「それであなたは上手なの?」って聞いてあげてくださいね。

ダンサーなら考えよう

ダンサーは芸術家です。

しかし考えないでただただ踊る人が多いです。

考えればもっと輝けるのにそれをしない人ばかりでとても残念な世界です。

でもこれを読んだあなたは

どうやって稼ぐのか、楽しむのかをしっかり考えて

ダンスを楽しく続けることが出来るはずです!

ダンサーとして生きていくならぜひこの記事もオススメです。

関連記事
みーちゃん

これからはしっかり考えるよ!

れいちゃん

考えることも踊ることなみに大切だからね!

スポンサーリンク

いつもフォローありがとうございます!