本気で「ダンサー」を目指すなら

【コロナ解雇】報告私たちダンサークビになりました。

ぷっちょカップル

こんにちわ
ぷっちょカップル(@bakauple)です!

悩むリンゴ

コロナでダンサークビになるの?

私ごとですが、コロナの影響でダンサーとして勤めていた会社をクビになりました。

でも、ダンサーというのはこういう情勢にものすごくもろく私たちは覚悟をしていたので特に何も思いませんでした。

ですが、同僚にはこの先の自分たちの人生どうしたらいいのか路頭に迷う方も多いです。そんな事実とダンサーという職業の脆さをお話します。

この記事でわかること
  • ダンサーは社会情勢で簡単にクビになるのか
  • ダンサーを目指す方がやるべきこと
みーちゃん

私たちは副業も複業もしているから大した影響はないねw

れいちゃん

ダンサーという職業に命を預けるのはかなり不安だったからね


スポンサーリンク

私たちダンサークビになりました。

会社と会社員

ブログを見ていただきありがとうございます!

私たちはプロダンサーとして2年働いていましたが、この度コロナウイルスの影響でクビになりました。当然の判断ですし何も悔いがありません。

別にそこで踊らなくても自分たちで好きに踊れるし、収入源も複数確保していたのでさほど問題ありませんでした。

しかし、同じダンサーをしている人に話を聞くと絶望している人が多いです。ダンサーという職業は安定安心とは程遠い、そんなのを求めてるならダンサーをやめろって私たちは思います。(きびし~w)

なぜクビになったのか

クビになりました

私たちが努めて2年になる会社を実質クビになりました。理由はコロナウイルスにより業務がなくなったためです。

ダンサーというのは生きていく上で決して必要な仕事ではなく、企業としてもそこまで必要な人材ではありません。企業は継続していく上での判断をするのが必然で何も仕事がない人を置いておくほど間抜けではありません。

詳しく私たちがクビになった理由を書くことによって今後ダンサーを目指そうとしている人に現実を覚悟していただきたいです。

完全にコロナウイルスの影響

私たちの解雇は完全にコロナウイルスの影響です。会社にも私たちにもどうすることもできないものでした。

しかし、そんなことで嘆いていても仕方がありません。イレギュラーに常に向き合いそういうことが起きても生きていけるよう事前に行動しなくてはいけません。

現在ダンサーとして生きていくのは困難と言えます。

それは、ダンスは3密などを徹底できないから現在どんなダンスも敬遠されています。スタジオもライブもなんでもです。

今からダンサーを目指そうとしている方は、多少の努力じゃ無理です。新しいダンサーとして生きていかなくてはいけません。

ダンサーの仕事ができなくなった

先程も伝えたとおりコロナウイルスの影響で今まで出来ていたダンサーの仕事ができなくなりました。

基本的にダンサーの仕事というのは

  • 人前で踊る
  • 振り付けを考える
  • 踊りを教える

これらすべての需要がなくなりました。踊る場所がなければ振り付けなどいりませんし。踊れなくては踊りを教わっても意味がない。八方塞がりとはまさにこのこと。

れいちゃん

何もできないw

みーちゃん

自宅でひっそりやるくらいだよねw


スポンサーリンク

もしクビになった時のために

クビになったときのため

厳しいことをいいますがダンサーで安心安定で生きることは不可能と思ってください。あなたが世界から認められる天才なら話は違いますけどね。

クビになることが普通の会社員よりも可能性が高いダンサーはその時のための対策を必ず練っておきましょう。

別の収入源を持つ

ダンサーはそれ一本で稼ぐのは難しい職業なため、アルバイトと掛け持ちしている方も多いです。そういう方は時間をかけて生活を確保しているのでこういう自体にも対処することができます。

しかし、アルバイトも収入が急に絶たれたらもう生活ができなくなってしまいます。しっかり自分で稼ぐスキルと多くの収入源を持つことでいつか起こる異常なことに対処していきましょう。

自分のスキルアップのために勉強する

私たちは自分で稼ぐためにブログ、動画編集、イラストなどの副業で月3万円程、別の事業で月10万円ほどのし収入があります。これらは自分でコントロールができる収入になります。

ブログや動画編集などの副業は今ネットで大ブームです。誰でも簡単に始めることができます。是非この機会に検討してみてください。ですが簡単には稼げませんよ。

[STORK19]ブログをつくりたい初心者はストークを使うべき!

自分の力で生きていこう

この記事のまとめ
  • 環境でダンサーは簡単にクビになる
  • もしもの時の収入源を持つ
  • ブログなどの副業を始めてみる

スポンサーリンク

いつもフォローありがとうございます!